HOME > ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

美肌に良い成分というとヒアルロン酸とコラーゲンが有名ですが、両者の違いを明確に説明できるでしょうか。
何となくお肌に良いと知っていても、それぞれの役割を説明できる人は少ないでしょう。

ただヒアルロン酸とコラーゲンを同時に摂取した方が効果が高いことは、美容に敏感な女子ならご存知だと思います。
ヒアルロン酸とコラーゲンは全く異なる成分で、ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種、コラーゲンは皮膚や骨、腱を構成しているたんぱく質なのです。

たんぱく質は何となくわかると思いますが、ムコ多糖類と言われてもピンときませんね。
ムコ多糖類とは細胞の周りに存在する物質で、水分を保持する働きがあります。

ただムコ多糖類であるヒアルロン酸は単体で存在することが出来ず、たんぱく質であるコラーゲンがないと細胞間に存在することは出来ません。
一方でコラーゲンは弾力性のある成分で、皮膚の真皮の主成分とされています。

コラーゲンは真皮の実に70%を占め、肌の弾力を維持する大切な成分であり、不足するとお肌のシワやたるみの原因となります。
一方真皮の残りは水分で出来ていますが、この水分を維持するのがヒアルロン酸です。

コラーゲンは細胞間を埋め、細胞同士を結合させる働きを持っています。
しかしコラーゲンには保水力はありませんから、ヒアルロン酸があることで細胞間の水分を保持しているのです。

つまり細胞の隙間を埋めているのがコラーゲンとヒアルロン酸なのですが、互いに存在しないと十分な機能を果たすことが出来ないのです。
ヒアルロン酸もコラーゲンも年齢を重ねるとともに次第に減少していきます。

コラーゲンを含有した食材は意外と多いので、不足する心配はそれほどありませんが、ヒアルロン酸は食事から摂取することが困難です。
そのため不足するヒアルロン酸をスキンケアやドリンク剤、サプリメントなどで補給するのです。

また加齢とともにシミやシワが気になるものですが、シワが出来る原因にも色々あります。
浅いシワであれば皮膚の乾燥ですから、保湿によって水分を補給してあげることが必要です。

しかし深いシワはコラーゲンの不足が原因であることがあり、ただ保湿をしただけでは改善しません。
その場合はコラーゲンを摂取するとともに、ビタミンCを一緒に摂ることで不足したコラーゲンを補うことが出来ます。

ビタミンCはコラーゲンの吸収を促進する働きがあり、一緒に摂ることで高い効果が期待できるでしょう。
ヒアルロン酸とコラーゲン、どちらが不足してもお肌に異常をきたしますから、両者をともに維持することが大切です。